なぜ世界遺産に登録された?

なぜ、天草の潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産に登録されたのか、理由をご存知ですか?
それは、﨑津にある教会の建物ではありません。
そして、﨑津集落の街並みでもありません。
では、何が世界遺産に登録される価値があったのでしょうか?
その答えは、キリシタン禁教令下の250年間、一人の密告者もなく五千人もの潜伏キリシタンが天草に存在していたことです。
当時、密告者には銀五百枚(現在の3千5百万円相当)の報奨金が与えられていたのでした。
天草の人々は、貧しい生活の中に、神道と仏教徒が潜伏キリシタンの存在を知っていたにも関わらず黙って命を守り続けたのでした。
これは、世界史上稀にみる歴史で、異国の宗教を信じる信徒たちを守る例はなく、まして密告者が250年もいなかったことは奇跡的なことです。
ユネスコは、天草と長崎の潜伏キリシタンの歴史と文化を満場一致で2018年6月30日に世界遺産に登録したのでした。
そして、翌月7月29日、世界遺産登録を記念して﨑津で神道と仏教とキリスト教の御朱印が発布されたのでした。

世界初のキリシタン御朱印

キリシタンの御朱印とは何でしょうか?

日本には古くから神社や寺院を参詣した証として御朱印を頂戴する文化がありました。
そもそも巡拝者が写経をして寺院に奉納することを納経といいましたが、その時に御朱印を頂戴していました。
現在は、納経せずに、寺社を参詣した証として御朱印を求める人たちが増えています。
御朱印は日本独自の文化ですから、神社と寺院から頂くのが当り前です。
ところが、天草では神社や寺院の他にキリスト教会の御朱印が頂けるようになったのです。
その訳は、実は天草では四国遍路と同じように昔から天草八十八ヶ所霊場巡りが行われていました。
﨑津には、天草遍路の霊場札所「普應軒(フオウケン)」という曹洞宗の寺院がありました。天草遍路の巡拝者は、普應軒に参拝したその足で、すぐそばにあるキリスト教会と﨑津神社にも自然な形で参拝をしていました。
その御縁から、2018年6月に潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産に登録されたことを記念して、﨑津の神社と寺院と教会の御朱印が発布されることになりました。
キリスト教の御朱印は世界で初めてのことです。そして、日本とインドとエルサレムという起源が異なる三つの宗教が一つとなった御朱印帖を発布するもの、世界で初めてのことです。
この御朱印には、人類の願いである恒久平和と、潜伏キリシタンが250年間毎日神様と仏様とキリスト様を拝んできた幸福への深い祈りが込められています。
それだけにこの御朱印を頂戴すると、大きな神仏の御加護を頂けます。

ご利益3倍の御朱印帖

では、不思議な御加護とは、いったい何でしょうか?

禁教令下で、もしキリシタンであることが発覚したら、幕府により処刑されました。そのため潜伏キリシタンは命がけでデウスの信仰を守り通したのでした。
禁教下で250年も必死で信仰を守り通したキリシタンの信念は筆舌を絶するものです。同時に、キリシタンの存在を知りながら周りで共に暮らしていた神道や仏教の信者たちが、潜伏キリシタンの命を守り通した真心は並大抵なものではありませんでした。なぜなら、キリシタンをかくまっていることが分かると、同じように処罰や処刑が待っていたのですから…。
今回、三つの宗教の御朱印が一つとなった「﨑津三宗教御朱印」が発行されました。そこには、天草の人たちが信仰を守り通した三つの宗教のご本尊が記されています。

【神道‥﨑津諏訪神社】
紋章は柏紋です。なぜだか潜伏キリシタンは柏紋と十字の取り合わせが多いと云われています。1805年(文化2年)3月に大江村、崎津村、今富村、高浜村(天草下島西目筋の村々)に対して検挙がおこなわれ、5000人以上の潜伏キリシタンが発覚しました。その時、貝殻やマリア観音像など先祖代々キリシタンの神具として使っていたものを、誰にも分らないように夜な夜な﨑津諏訪神社に持ち寄らせました。そして、心得違いという処分で全員命がたすかったのでした。﨑津神社はキリシタンの命を救った神社でもありました。
﨑津諏訪神社のご利益は、五穀豊穣、災難厄除け、商売繁盛、事業繁栄、祈願成就です。

【仏教‥普應軒】
紋章は、観世音菩薩の梵字(サ)です。観世音菩薩は、般若心経で「観自在菩薩」として唱えられ、願ってかなわないものはなく、人々の様々な不幸を取り除き、幸福を招来する自在仏です。
天草では、潜伏キリシタンが観音様をマリアに見立て拝まれていた歴史がありました。まるで実の母親のように慈悲深く、子供の苦しみを取り除いてくださるご利益があります。
天草には昔から四国遍路と同じように天草八十八ヶ所霊場巡りが行われていましたが、曹洞宗の普應軒は霊場札所の一つで、ここに巡拝したお遍路さんはその足ですぐそばにある神社と教会へも巡拝していました。

【キリスト教‥カトリック﨑津教会】
現在の教会の聖堂がある場所は、かつて江戸時代庄屋の屋敷があり、ここで絵踏みが行われていた場所です。
明治になりフランス人宣教師によりキリスト教会がこの地に復活し、多くの潜伏キリシタンが戻ってきました。
この聖堂では、お遍路さんも時々巡拝し、般若心経を唱え、最後に御本尊に当たるキリスト像を崇めて「アーメン」と祈ります。般若心経は、人々の心から煩悩と執着を去り、もって生まれた仏性に目覚める祈りです。「アーメン」は、ヘブライ語で「あなたの祈りが成就しますように」という意味です。
この教会では宗教宗派を超えた祈りが行われていて、多くの人々の幸せが成就する聖堂です。

﨑津御朱印所のご案内

﨑津3宗教の御朱印帖は、﨑津教会と﨑津神社のすぐそばにある曹洞宗の普應軒で求めることができ、そこで寺院と神社と教会の3つの御朱印と専用の御朱印帖を頂くことができます。

【受付時間】
9時30~16時30分
※天候や諸事情により休止する場合がありますのでご了承下さい。
<年末年始の対応>
12月29日~1月3日の期間は、﨑津神社、﨑津教会、普應軒のいずれもお参りはできますが、御朱印所は休ませて頂きます。

【御朱印代】

①令和元年記念版(赤色)…3,000円(下の写真)

②三つ折り御朱印帖(白色、紫色、赤色B6版、クロス表紙金箔紋入)…2,400円(下の写真)

※現在赤色は品切れです。

③三つ折り御朱印帖(金の更紗模様B6版、紙表紙紋入)…1,400円(下の写真)

※1、上記はいずれも3ヶ所の御朱印代900円込みの価格です。
※2、「﨑津三宗教御朱印」は、3つの御朱印が一つとなったことに大切な意味があります。そのため、3つの御朱印を別々に捺印したり、切り離して他の御朱印帖に貼り付けることはできません。

天草八十八ヶ所霊場巡り

天草には、キリシタンが伝来する以前は、弘法大師空海の民間信仰が盛んに行われていました。
しかし、安土桃山時代に天草の五人の領主達がすべてキリシタンに改宗したため、その後、天草にあった神社や仏閣は壊されて、その跡にキリスト教会が建てられました。
天草島原の一揆後に、キリシタン禁教令が強化されキリスト教会はすべて取り壊されましたが、その後、鈴木重成代官と兄の鈴木正三僧侶により天草中に曹洞宗と浄土宗の寺院が建立されました。
その時に、鈴木重成代官は、天草を八十八ヶ所町村に分けて統治しましたが、同時に天草中の弘法大師信仰を庇護し、天草八十八ヶ所霊場巡りがはじまりました。
現在、京都の真言宗総本山東寺の公認による天草八十八ヶ所霊場巡りが復興しました。